読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーグル検索で1ページ目に表示されたい男のブログ

グーグル検索で1ページ目に表示されること目指します。基本的にSEO対策に費用は使わない方向です。

7月に検索ボリュームが上昇するキーワードを13分類で見る

夏です!

海です!ビールです!

7月に入るという事でこの7月に検索数が増えるで

あろうと予測されるキーワードをまとめます。

 ソースはヤフーさんに頼りました。

皆さんの記事作成の参考になれば良いですね。

季節の行事やイベントに関係するワード

1. 七夕
「三大七夕祭り」「一宮七夕祭り」「平塚七夕祭り」

「七夕 レシピ」「七夕 そうめん」「七夕 由来 保育園」
7月といえば、七夕です。

子供が喜ぶこのようなイベントは料理や七夕まつりなどのイベントの

スケジュールの検索数が増える傾向にあるようです。


2. 祭事
天神祭り」「豊橋祇園祭」「博多祇園山笠

「日本三大祭り」「ほおずき市 浅草」
とにかく夏はお祭り、七夕もそうですが、このような夏祭りも

スケジュールやどんな催しなのかを検索したくなりますよね。

3. 花火大会
「隅田川花火大会」「7月の花火大会」

「花火大会 関東」「花火大会スケジュール」「花火大会場所」
当然花火大会も楽しいイベントとして検索数が増加します。

どのように収益につなげるかを考えるのも楽しくなりそうです。


4. 浴衣
「浴衣セット」「浴衣 着付け」

「浴衣 帯 結び方 大人」「浴衣 洗濯」「浴衣 髪型 簡単」
お祭りなどで着用する浴衣についても検索数が増えます。

浴衣に関しては、男性も着る機会が増えていますし

携行品などの複合的なキーワードもねらい目だと感じます。

 

5. 夏のお中元

「お中元ギフト 送料無料」「お中元 人気」

「お中元 お礼状 例文」「お中元 お返し」「お中元 金額」
これは、上手に誘導すれば、もろに収益につながりますが

強いサイトも多いことでしょう。

どのようにアプローチするかがカギになりそうです。


6. 夏休み・お盆
「夏休み 工作」「自由研究 夏休み」

「お盆 お供え」「東京のお盆」「夏休み お出かけ」「高速バス予約」
夏休みの宿題、夏休みの旅行、お盆に関するワードも当然増加します。

実際は8月ではなく、7月に検索が上昇する傾向があるようです。

 

趣味や嗜好に関するワード

7. 夏ならではのグルメ
「土用」「うなぎ 国産 値段」「冷やし茶漬け」「夏野菜 レシピ」

「冷製パスタ 作り方」「ビアガーデン 場所」「アイスクリームメーカー
暑い夏に食べたいモノは当然検索も増えます。

ただ、冷夏になるとビールの売り上げが減るようなこともあるので

気候の影響もあるようです。


9. ファッション
「リネンワンピース」「かごバッグ レディース」

「甚平レディース」「ノースリーブ メンズ」「ウェッジ サンダル」
これは、本当の意味でファッションのトレンドを如何に追いかけるかが勝負ですね。

この夏のファッションアイテムとシーン別の着こなしを結び付けて

アクセスアップを狙うのも良いかも知れませんね。

 

シーズナリティーやその他のキーワード

10. 紫外線対策
「度付きサングラス」「サングラス 選び方」「日傘 uvカット 100 遮光 折りたたみ」「日焼け 薬」「日焼け後」「日除け シェード」

夏は、紫外線対策キーワードが引き続き堅調です。

日焼け後などのワードも面白いですね。

4月から始まった紫外線対策への関心は、引き続き要チェックです。


11. 水遊び
バンドゥビキニ」「水着 レディース タンキニ」

「サーフパンツ インナー付き」「水中メガネ」「ビニールプール 大型」
水着やサーフィンアイテム、家庭用プールなどの検索が上昇します。

8月に入ってしまうとある程度飽和してしまいます

早めに顧客を獲得しましょう。


12. アウトドア
「庭 バーベキュー」「bbq コンロ」「アウトドア用 テーブル」

「アウトドア タープ」「キャンプ料理」「富士登山 日帰り」
梅雨明け、山開き、海開きなど、屋外レジャーの最盛期です。

アウトドア関連の検索が多くなります。花火大会などと関連付けるのも作戦かと。

13. その他
「暑い日の夕飯」「暑さ対策 窓」「エアコン 水漏れ」

「脱毛ランキング」「vio脱毛」「梅雨明け 関東」「沖縄 台風」「夏風邪」

一年中を通して脱毛は強いですが、夏は特に強くなります。

また、台風や梅雨明けのニュースは過去のニュースと関連付けることで

来年以降も検索されるワードとなりえるかもしれません。

 

まとめ

8月に入って夏休みもありますし

その8月に必要な商品やイベントに向けての

7月中に検索が増えるワードもたくさんあります。

 

今年だけでなく、来年以降も引き続き検索されるような

ワードの選定と複合化が大切なんだと思います。

 

そのうえでコンテンツの利用者に役立つサイト作りができるように

リサーチを進めていけるといいですね。

 

 

広告を非表示にする