読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーグル検索で1ページ目に表示されたい男のブログ

グーグル検索で1ページ目に表示されること目指します。基本的にSEO対策に費用は使わない方向です。

記念日の魔法を地肌で感じたので、少し語らせてください

今日は2016年6月20日です。

何の日でしょう?

いろんな日が設定されていると思いますが

個人的には今日が何の日でも関係ないですw

 

今日は、昨日2016年6月19日の父の日の翌日

という事の方が重大です。

 

いったい何が起きたのか・・・

 

記念日は人を幸せにする?

TwitterやFaceboookなどのSNSでは、日ごろの労をねぎらわれる

父親仲間たちの姿がありました。

家族で出かけ、外食をし、まさに幸せな家族模様がそこにありました。

 

みんな幸せそうで何より・・・

普段から、幸せな人は記念日は

一層幸せになるようです。

 

記念日は人を不幸にする?

一方で、普段から仕事もがんばり、育児も協力し

ヘロヘロな日常も踏ん張り続けている父親・・・

 

彼の朝食は、スナックパン。

その後、奥さんは一人で外出。

二人の暴れん坊の子供のお世話・・・

 

そして昼食・・・

冷凍食品とカップ麺。

子供には何か別のものをあげたのでしょうか?

 

そして夜。

奥さんから特にねぎらいの言葉もなく・・・

父の日であることを実感し、イライラしたのか

子供に八つ当たりし、奥さんと喧嘩。

食事は、また、カップ麺。

 

父の日がなく普段と同じなら

喧嘩もしなかったのかも知れません。

 

記念日は、幸せな人を幸せに。不幸な人を不幸にする。

こんな言葉を、見かけました。

まさにその通りかも知れません。

しかも、不幸な彼の方が、

協力を惜しまず、自分の時間も削って家族のために尽くしています。

 

でも、結局そのために溜まったストレスによって

周りに八つ当たりしたり、奥さんからねぎらいの言葉が

かからない事に神経質になってしまっているのです。

 

記念日なんて、誰かが勝手に決めたものです。

あなたの本当に大切な日は

きっと他にあるはずだと思います。

 

と思わないと乗り切れない

彼と同じく

ねぎらいの言葉もない我が家でした(笑)

 

広告を非表示にする