読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーグル検索で1ページ目に表示されたい男のブログ

グーグル検索で1ページ目に表示されること目指します。基本的にSEO対策に費用は使わない方向です。

配偶者控除の見直し議論が始まりました。壁は103万円だけじゃない!

配偶者控除の見直し議論が始まりました。

女性の活躍を促すためとのことですが、

何がどう変わるんでしょう。

配偶者控除が廃止されると

配偶者控除が廃止される場合、現在103万円以下の収入の配偶者がいる場合

所得税が最大38万円控除されているものがなくなってしまいます。

 

つまり、税の優遇がなくなっちゃうってことですね。

じゃ、その分働いたら良いやんって話になる・・・なるの?っていうのが

私の疑問です。

 

そもそもパートタイムやアルバイトで収入を103万円以下に抑えて働いている人には

それなりの事情があります。

 

そもそも、女性の活躍以前の問題で税の優遇が減らされたら、

なにかの事情があって、その時間しか働けない人はどうなっちゃうんでしょう?

 

保育所は、受け入れ時間を増やしてくれるの?

土曜日もフルタイムで預かってくれるの?

延長料金が残業代並みってことないよね?

 

何てことは、すぐに思いつきます。

 

多分、課題がめちゃくちゃあるはずです。

 

 

壁は103万円だけじゃない

良く知られている103万円の壁っていうのは

配偶者控除を受けられる金額の壁なんですよね。

で、これが受れらなくなるなら、同等の収入になるまで

働かなきゃ、生活がなりたたない人も多数出てくるはずです。

 

じゃ、もう少し働くか・・・って思うと

 

今度は130万円の壁が登場します。

 

これは、年金や健康保険を自分で払う必要が出てくる壁です。

でも、これを超えないと生活水準が・・・

 

さて、いくら稼げるまで働きます?

 

 

生活水準を落とさず働く目安

結論は160万円以上稼ぐことが必要です。

おかしいですよね?

 

女性の活躍と銘打ちながら、その実は、ちょっと働いたくらいでは

税金や保険料に吸収されて、自分の生活は豊かにならない。

 

確かに国の制度を維持するためには必要な税金ですし保険料です。

 

でも、生産的だとは、とても思えません。

 

個人の感覚では、お金が減るわけです。

また、消費が滞る気がします。

 

だったら、共働きでガッツリ働く夫婦にこそ

保育料の助成や、税制の優遇を拡大して

より働きやすく、働き甲斐のある形にして、収入もお得な感じにしてあげる。

結果的に消費に結びつけるような仕組みにして欲しいと思います。

 

単純に配偶者控除が廃止されると

同じ時間を働いた、お金が減る感覚に陥るわけですから

財布のひもは固くなるのが心理だと思います。

 

下手をすると、控除がうけられないなら

働かない主婦が増える可能性だってあります。

月々生活に必要な金額さえ稼げれば、いいやって思うのが普通です。

 

今の年収の倍稼がなきゃイヤダ!って人どれだけいるんでしょうね?

強制労働じゃないんだから・・・

 

だったら、夫婦の世帯年収で多く稼げば、

優遇の幅を広げてあげればいいじゃないですか?

で年収の少ない人は、その分助成してあげればいいです。

当然、それぞれの事情がありますから。

 

消費してもらいましょう。

 

法人だって儲かれば、投資もするし、還元もします。

 

 

いま、そもそも保育園に預けてたら

残業なんて出来ないですもんね。

普通になんて、働けないやん。

 

そんな人雇ってくれるとこ、どれだけあるの?って話ですよ。

 

実態に合った制度をしっかり作って欲しいです。

 

と、思うんですけどね。

 

ポケモンGO活用

広告を非表示にする