グーグル検索で1ページ目に表示されたい男のブログ

グーグル検索で1ページ目に表示されること目指します。基本的にSEO対策に費用は使わない方向です。

「4つのしつけ」で子供の年収が80万円以上変わる

久しぶりに子供の事を書く気がします。

心に余裕が出来たのでしょうか。

 

親が子供に教えることで将来の年収が80万円以上変わると言われる

「4つのしつけ」があるそうです。

 そもそもしつけとは

しつけとは、社会生活に適応するために望ましいとされる

生活習慣を身につけさせること。とされています。

 

基本的な生活習慣のしつけが中心になりますが、

子供の成長に合わせて家庭、学校、社会などその場における行動の仕方へと、

しつけの内容も変わっていきます。

 

ごはんの食べ方や、挨拶などから始まって

社会人としてのマナーなどもしつけの一環と言えますね。

 

 

しつけるべきは非認知能力

子供の将来年収を変えると言われる、しつけを行うべき能力として

非認知能力と言われるものがあります。

 

要するに、この非認知能力を鍛えたかどうかで

子供の将来の年収が大きく変わると言われているのです。

 

非認知能力とはやり抜く力とか、意欲とか、忍耐力とか、自制心など

そういった分野の能力と言われています。

 

非認知能力を鍛えるには

最近では、テストでも社会でも結果を求められることが多いです。

非認知能力を鍛えるためには、努力のプロセス、過程・中身をほめる事

これが大切なようです。

 

もともと知能が高いとか、そういったことと

社会に出て、お金を稼ぐことができるようになることとは

「別」という事です。

 

たしかに、いくら学力が高くても、すべてを途中であきらめる子や

意欲もなく、自制心もなければ、人生の高みへ上ることもできません。

 

まれに、そういった人が、人の上に立った場合に

変な事件を起こしたり、大切なものをごまかしたりすることになるんでしょうね。

 

 

非認知能力を鍛えるために親が教えるべき4つのしつけ

では、具体的に親が子供に教えるべき4つのしつけとは

どんなことなのでしょうか?

 

答えは、すごく簡単でした。

「ウソをついてはいけない」

「他人に親切にする」

「勉強する」

「ルールを守る」

 

この4つです。

勤勉性と言われる、非認知能力です。

 

あれ?って思いません?

これ、みんな教えていそうです。

 

ところが親として、自分が子供に見せる行動を振り返って下さい。

ウソついていませんか?

見てみぬ振りしていませんか?

勉強していますか?

ほんとにルール守っていますか?

 

子供は見ています。

言ってる事とやってる事が違うやん!って思わせてはなりませんし

一朝一夕で身につく能力でもありません。

叱られたり、褒められたりすることから、徐々に身につく能力です。

 

4つのしつけを見ると

親として、子供に身につけてもらいたい能力だと思います。

となれば、親の方も4つのしつけを身につけるべく努力をする必要があります。

 

親の背中を見て子は育つとはよく言ったものです。

まず、親が模範となり、子供の成長の為に努力をすることが

いちばん大切なんでしょうね。

 

勉強のやる気がない。成績が悪い。は親次第で解決します

 

 

広告を非表示にする