グーグル検索で1ページ目に表示されたい男のブログ

グーグル検索で1ページ目に表示されること目指します。基本的にSEO対策に費用は使わない方向です。

ページのタイトルの適切な記述3つのポイント

 

適切なページタイトルとは

Googleが推奨する適切なページタイトルとは

下記の3つを満たしたものになります。

 

 

◆ページの内容を適切に表現すること

◆それぞれのページに固有のタイトルをつける

◆簡潔かつ内容に対し、説明的なタイトルをつける

 

これだけ・・・そうこれだけです。

実は、この3つをしっかり満たすことで

ページタイトルに関しては充分なSEO効果が得られます。

 

では、ページタイトル記述3つのポイントを

それぞれ確認したいと思います。

 

 

ページの内容を適切に表現すること

ページの内容を的確に伝えるタイトルを考えましょう。

 ◇ページの内容に関係のあるタイトルをつけること

 ◇初期設定のままのタイトルやあいまいなタイトルにしない

 

 

それぞれのページに固有のタイトルをつける

各ページには固有のタイトルが付いていることが望ましいです。

各ページが他のページと何が異なるのかを

Google検索エンジンが判断する材料となります。

◇サイトの大部分のページ、

 すべてのページに同じタイトルを使わない事を心がける。

 

 

簡潔かつ内容に対し、説明的なタイトルをつける

皆さんご存知の通りタイトルが長すぎる場合、

検索結果にはタイトルの一部分しか表示されないことがあります。

簡潔かつ明確ににページの内容が

伝わる説明的なタイトルを考えましょう。

◇長過ぎるタイトルはユーザーのためになりません。

◇不要なキーワードの入ったtitleタグは、評価が落ちる

 

適切なタイトル記述の3つのポイントを整理しました。

タイトル一つ考えるのも、センスと知恵が必要なんですね。

適当じゃ、いかんのですわ(笑)

 

以下は、タイトル記述に関してのおまけです(笑)

 

 

ページタイトルはtitleタグで指定する

ページタイトルとは、検索エンジンとサイトのユーザーに対し

そのページの内容がどのようなものであるかを伝えるものです。

 

HTML文書内のheadタグの中にtitleタグを配置します 。

ページのタイトルの適切な記述3つのポイントでお伝えした通り

個々のページには、固有のページタイトルを付けることが理想です。

 

 

ページタイトルは 検索結果に表示されます

 Googleの検索結果にWebサイトが表示されるとき、

検索結果の一番上の行には、 titleタグの内容つまり

ページタイトルが表示されます。

 

それに加え、ユーザーが検索した

キーワードに一致したワードは太字で表現されます。

ページが検索キーワードに関連があるか把握しやすくなります。

 

トップページのタイトルには、

サイト名や主要な取扱商品(コンバージョンしたいもの)

などの重要な情報を含めることが望ましいです。

 

また、深い階層にあるページについては、

サイト名と各ページの内容を適切に表現した

固有のタイトルを付けることが望ましいです。

 

ユーザー目線の大切さ

Google検索で1ページ目に表示されるために

このグーグルが推奨しているページタイトルのつけ方を

意識してみたいと思います。

 

いかにタグでごまかしても

検索結果と内容が伴わなければ

ユーザーのためにならないページとして

ランクが落とされるわけですね。

 

まず、ユーザー目線を忘れないことが大切という

Googleからのメッセージですね。

 

広告を非表示にする